Menu

コンテナの種類 ISO国際海上コンテナとは

海上輸送において、コンテナという存在が、とても重要な役目を持っていることをご存じでしょうか。コンテナという存在は、それほど私達の日常生活で身近な存在ということではありません。

あなたは、コンテナについてどの程度知識をお持ちでしょうか。

コンテナの買取・販売は中古コンテナ.netで

コンテナの存在意義

海上輸送がスムーズにいくために、コンテナを日々、開発、製造、販売している企業があります。

ただし。新しい会社がいきなり登場して、手っ取り早くコンテナを製造しても、お客様のニーズをなかなか満たすことは難しいでしょう。

コンテナと向き合い、日々製造している会社は、豊富な実績を持つスタッフが在籍し、最適なコンテナが作り出されています。そして、コンテナを製造する企業は、過去の実績にはとらわれることがなく、新しいコンテナを提案する必要があります。そんな企業が、環境用コンテナ、特殊用途開発コンテナ、鉄道(JR)用私有コンテナ、倉庫用コンテナ、内航用海上コンテナ、ISO国際海上コンテナといったコンテナを製造しました。

そして、コンテナのメンテナンスのこともしっかり対応します。

コンテナの製造メーカーがもたらしてくれるのは、海上輸送における安心・信頼です。

様々な種類のコンテナが既にありますが、「ISO国際海上コンテナ」というコンテナがどのようなタイプのモノか、ここでちょっとだけピックアップしてみましょう。

ISO国際海上コンテナとは

ISO国際海上コンテナとは、 20フィート、40フィート、ドライ……という様々なコンテナの商品を、中国や韓国と協力しあって製造しています。

このジャンルでは、特殊なコンテナも開発製造されています。

40フィートフルサイドウイング国際海上コンテナ

40フィートフルサイドウイング国際海上コンテナは、40フィートで両側が開くウイング式であり、世界ではじめて開発されました。

40フィートフルサイドウイング国際海上コンテナは、ISO、CSC、TIRと言った資格も既に取得済なので、海外でも問題なく使用することができます。

また、外部電力を使用しないでウイングの開け閉めをすることができるから、どのようなところでもウイング作業をすることができます。(コンテナのポンプを回して行う方法)

20フィートクラスISOドライコンテナ

20フィートクラスISOドライコンテナは、妻開き型、側全面解放型、三面解放型のコンテナのラインアップです。

20フィートクラス4柱コンテナ

20フィートクラス4柱コンテナは、長く大きなモノを積むとき適しているコンテナです。

20フィートISO冷凍コンテナ

20フィートISO冷凍コンテナは、ステンレス製、内部アルミリブの冷凍コンテナです。

いかがでしょうか。海上輸送において様々なコンテナが活躍しています。

そしてコンテナを開発・製造・販売する企業に大事なのは、メンテまでしっかり拘り・責任を持ってくれることによる信頼感です。

新着記事